子育て


どんな人も

かつては、子どもでした。

どんな子どもも

成長をしたら

大人になります。

私は
子ども時代が嫌いでした。

無料でなにもできない自分に

苛立ちを覚えていたからです。

早く大人になりたかったのです。

私は、早くなりたかった大人になりましたが人に助けを求める術を学ばずにいたため、いつまでも無力な子どもな自分が残っていました。

「たすけて」

「私はもう、これ以上は無理です」

このような言葉を言えずにいました。

その、言えない言葉の叫びは

体の至るところから言葉の代わりに出るようになりました。
体は、ちゃんと、嫌だと言えるのです。

今は言葉でも「NO」が言えるようになりました。

子どもたちにも

いやなことは
嫌だ
そう、言えるようになってほしいです。

戦争も

虐待も

親の喧嘩も

ちいさな子どもは

「NO」

が言えません。

大人は、

自分達のしている行為を

よく考える必要があるかもしれません。

あなたの中のちいさな子どもは

「「NO」は言えますか?

人気ブログランキングへ
 

ブログランキングに参加しました。 ポッチとよろしくお願いします☆

メンタルヘルス ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 共依存へ

にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村

1 / 11